気になる脇のにおい。私の体験談

32

汗のにおいかなり気になりますよね。自分が気が付いてないだけでもしかして今、におってる?そんなことを気にしてしまい人間関係も上手くいかない。恋愛もファッションも心から楽しめない。私もそんな一人です。
私が気になり始めたのは小学校6年生の頃でした。部活動が終わって着替えているとき友達が「なんかくさい」と一言。そこから脇のにおいと戦う日々が始まりました。思春期になるとにおいはますます強くなり、高校生のころがピークだったように思います。当時かなりハードな運動をしており朝から練習で汗だく。

もちろんシャワーなど浴びることはなく授業、そしてまた練習としていました。1日中汗のにおいが気になり、私の知らないところで「くさい」と言われてないかという考えが付きまとい、くらい高校時代を過ごしました。

また、冬でも関係なく常に脇に汗をかいていて、色物の洋服や薄い素材の服は意識的に避けていましたので、1年中黒の服を着ていたようにす思います。脇汗の悩みがなければきっともっと楽しい青春時代を過ごせたはずだと、今でも思い出しては悔しい気持ちになります。
今まで様々なデオドラント製品を試してきました。市販の製品は試していないものがないくらい片っ端から試しましたし、ネットで口コミがよいものは取り寄せてみたりもしました。ですが残念なことに完璧ににおいがなくなる製品とはまだ出会えずにいます。

ですが年々脇汗との付き合い方も上手になってきているなと感じています。最近はほかの匂いでごまかすということはせず、においが気になったらすぐに着替えるということが1番楽で私には合っていると感じています。お出かけにもインナーを1枚バックに忍ばせています。

そうすると、気持ちも楽になりますし、何より自分も他人にも不快感を与えずに済みます。
脇のにおいも私の一部と言えるようになるかはわかりませんが、これからも上手に付き合っていく方法を探しながら過ごしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です