脇汗に悩む講師の告白です。

脇汗で悩む

脇汗に悩むようになったのは、大学を出て講師の仕事を始めてからです。脇汗は汗といっても、暑さから出る汗ではなく、精神的な緊張からでてくる汗。人前でしゃべるときは、前日にしっかり予習して、準備万端整えて本番に挑むのですが、それでも緊張するものです。

喋っていても汗をかいているのがわかります。服にシミをつけるのが嫌なので、男性用の脇汗パッドというのを使っているのですが、それでも二時間しゃべると、ジャケットの下地が湿っています。

パッドだけじゃ足りないので、ジャケットの脇の下の部分にティッシュを挟んで授業をしたこともあるのですが、知らない間に、湿ったティシュの塊がポトリ。「先生、今何か落ちましたよ」と生徒に言われて、あせったこともありました。

ジャケットは毎回クリーニングに出すわけにはいかないので、脇汗を出ないようにしたいのです。脇の下に塗る制汗剤を試してみたのですが、あまり効果はありません。

真夏になれば、半袖になることができますが、春先から初夏はジャケットを着なくちゃいけないので、いちばんきつい季節です。

 

講師歴はもう二十年を超えているのですが、緊張は今でもします。緊張しなくなったら、脇汗はなくなるはずですが、そうなるのはいつのことなのでしょう。

 

脇の臭い対策には赤ちゃんのおしりナップが使える

夏になると大量に汗をかきますよね。私の場合、体質的に汗かきではないのですが、やたら脇汗だけ多いタイプです。
その他、頭や顔、体幹部にかく汗はむしろ人より少ないと思うのですが、その分、脇汗で対応調整しているのか?と思うくらい脇汗が多く、それが温かい季節の悩みでもあったりします。
今までは、制汗スプレーなどを外出前に使用したり、汗をかいたと思ったらまたシューと吹きかけたりしてごまかしていたのですが、あまり効果が感じられません。
普通に、脇汗をかきますので、量を抑えられているという実感もない。そうなると無香料タイプなんて使っていても制汗にも効果がなく、臭いもごまかせているのか不安?
全くアイテムとして使えないな、という感想を持っていました。
ある時、汗は出た瞬間は無臭だけど、放置していると雑菌が繁殖することで臭いを発すること、つまりかいた汗を拭きとれば臭い対策はOKということを知りました。
また、たくさん汗が出た時はトイレなどに入り手持ちのタオルで脇汗を拭いたりしていたのですが、汗は体温調整(汗を出して気化熱で体温を下げる)のために出ているので、皮膚表面にかいた汗をきれいに拭き去りすぎるとまた汗が出るということも知りました。
そこで、じゃあ、汗を拭きとれてさらにほどほどの水分が脇の表面に残るものを使ったらいいのか、と思いました。
ピッタリなのが、赤ちゃんのおしりふきです。赤ちゃんのおしりふきって水分の99%は水なんですよね。あとは、ちょっとだけローション的な保湿効果成分が含まれていたりしますが、赤ちゃんのお尻に使えるものなのでとても肌に優しい。
私の場合、デリケート肌なのでパウダーを含んだような成人向けの汗拭きシートなどは脇がしみることもありあまり体質に合いませんし、割高です。
赤ちゃんのおしりふきならセールの時は3パック200円くらいです。1パックで80枚入ってますからかなり経済的。
これで汗をさっと拭きとると臭いも気にならないしすごく気持ちが良いですよ。1日に何枚使ってもリーズナブルですしおススメです。

 

参考記事:【女性】ワキガ対策|※ワキガ改善商品人気5種比較※

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です