脇汗に悩む講師の告白です。

脇汗で悩む

脇汗に悩むようになったのは、大学を出て講師の仕事を始めてからです。脇汗は汗といっても、暑さから出る汗ではなく、精神的な緊張からでてくる汗。人前でしゃべるときは、前日にしっかり予習して、準備万端整えて本番に挑むのですが、それでも緊張するものです。

喋っていても汗をかいているのがわかります。服にシミをつけるのが嫌なので、男性用の脇汗パッドというのを使っているのですが、それでも二時間しゃべると、ジャケットの下地が湿っています。

パッドだけじゃ足りないので、ジャケットの脇の下の部分にティッシュを挟んで授業をしたこともあるのですが、知らない間に、湿ったティシュの塊がポトリ。「先生、今何か落ちましたよ」と生徒に言われて、あせったこともありました。

ジャケットは毎回クリーニングに出すわけにはいかないので、脇汗を出ないようにしたいのです。脇の下に塗る制汗剤を試してみたのですが、あまり効果はありません。

真夏になれば、半袖になることができますが、春先から初夏はジャケットを着なくちゃいけないので、いちばんきつい季節です。

 

講師歴はもう二十年を超えているのですが、緊張は今でもします。緊張しなくなったら、脇汗はなくなるはずですが、そうなるのはいつのことなのでしょう。

 

脇の臭い対策には赤ちゃんのおしりナップが使える

夏になると大量に汗をかきますよね。私の場合、体質的に汗かきではないのですが、やたら脇汗だけ多いタイプです。
その他、頭や顔、体幹部にかく汗はむしろ人より少ないと思うのですが、その分、脇汗で対応調整しているのか?と思うくらい脇汗が多く、それが温かい季節の悩みでもあったりします。
今までは、制汗スプレーなどを外出前に使用したり、汗をかいたと思ったらまたシューと吹きかけたりしてごまかしていたのですが、あまり効果が感じられません。
普通に、脇汗をかきますので、量を抑えられているという実感もない。そうなると無香料タイプなんて使っていても制汗にも効果がなく、臭いもごまかせているのか不安?
全くアイテムとして使えないな、という感想を持っていました。
ある時、汗は出た瞬間は無臭だけど、放置していると雑菌が繁殖することで臭いを発すること、つまりかいた汗を拭きとれば臭い対策はOKということを知りました。
また、たくさん汗が出た時はトイレなどに入り手持ちのタオルで脇汗を拭いたりしていたのですが、汗は体温調整(汗を出して気化熱で体温を下げる)のために出ているので、皮膚表面にかいた汗をきれいに拭き去りすぎるとまた汗が出るということも知りました。
そこで、じゃあ、汗を拭きとれてさらにほどほどの水分が脇の表面に残るものを使ったらいいのか、と思いました。
ピッタリなのが、赤ちゃんのおしりふきです。赤ちゃんのおしりふきって水分の99%は水なんですよね。あとは、ちょっとだけローション的な保湿効果成分が含まれていたりしますが、赤ちゃんのお尻に使えるものなのでとても肌に優しい。
私の場合、デリケート肌なのでパウダーを含んだような成人向けの汗拭きシートなどは脇がしみることもありあまり体質に合いませんし、割高です。
赤ちゃんのおしりふきならセールの時は3パック200円くらいです。1パックで80枚入ってますからかなり経済的。
これで汗をさっと拭きとると臭いも気にならないしすごく気持ちが良いですよ。1日に何枚使ってもリーズナブルですしおススメです。

 

参考記事:【女性】ワキガ対策|※ワキガ改善商品人気5種比較※

 

脇の匂いについていつも疑問に思うこと

自分自身、脇汗の匂いが気になることは殆どありません。でもたまに気になったりすると脇に鼻をあてて匂いの「確認」をすることがあります。

前日にアルコールを飲みすぎたときや、体の調子が優れないときに汗を掻くと「ワキガ」臭がします。逆に考えると体のバロメーターをそれで確認できているという「メリット」もございます。ワキガ臭を察知したら対策として昔から馴染みの「8×10」を使用します。

中でも「石鹸の香り」が一番好みで容器は「直塗り」タイプのものです。スプレータイプは無くなるのが早いのと広範囲に噴霧されるので無駄が多い、かといって近すぎると局部に痛みを感じてしまったりします。今は「ふき取りシート」やパッドなど制汗材は多種多様でありますが、色々試した結果、やはり自分には「8×10」が一番合っています。

自分の話はこれぐらいにして、本題に入ります。いつも気になること。それは「ワキガ臭」を放つ本人はその「匂い」を把握しているのか、という事です。
例えば「口臭」のきつい人。自分でもハーット息を吐いて確認するときがありますが、どうも自分自身で「口臭」は確認できていないようです。同じニンニクを食べても人の息は超臭いのに自分自身が吐いた息の臭さは把握できません。多分その息はそもそも自分の鼻と直結しているので「慣れてしまった」息のためもはや「くさい」とは思わない状態になっているからだと思います。

では「ワキガ」はどうなのでしょうか。これは脇が放つ「匂い」です。他の人が同じように放っている「ワキガ」の匂いを「くさい」と感じているのならば、恐らく自分の脇から放たれている匂いも「くさい」と感じているはず、だと思うのです。かくいう自分もたまに嗅ぐ自分の「ワキガ臭」は感知できます。

ただ、たまに「けっこうなお手前」な方に会うと、直接本人に「ちょっと匂いますけど」とは口が裂けても言えません。また「この匂いはわかっていらっしゃる?」という疑問もぶつけることなど到底できません。

そういった方は「慣れっこになっている」のか「自覚しているけど、仕方がない」と思っているのかいつも疑問に思ってしまうのです。本当に「強烈」な人は制汗材でも抑えられなく、かえって匂いが化学反応してよけいに恐ろしい「匂い」を撒き散らすことになるやも知れませんが、皆さんはこのような方々に出会ってしまったときにどう接しているのか、いつも気になっています。

季節関係なくやってくる脇の匂いには。

2015-02-04_072050

脇汗の匂いって、季節関係なくやってきますよね。実は脇汗対策って夏だけのイメージがあると思いますが 季節関係無いんですよね。
冬でもシャツだけで仕事する方もいらっしゃるでしょうし。こんな方の悩みを解決するのはロールスティックタイプの脇汗予防です。

私はエイトフォーのロールスティックタイプを使用しています。これはかなり匂いを抑えることができます。余計な匂いを発生させないためや私自身 香水を使用するため 無香料を選ぶようにしています。
ただ、このタイプは色のついた服に触れてしまうと白くなってしまうのでよく乾かしてから服を着るようにしましょう。黒のインナーを着ることが多かったのですがよく白い粉のようなものがついてしまいました。液体がついたところには白くなってしまいます。そこには少々注意が必要ですね。

ただ、満足を得られる結果は出ます。オールシーズン使えますね。オフィスでもデートでも自信がなくて腕を伸ばせない女性もいると思うんです。至近距離が怖かったり・・・。実際 私もそうでした。
ですが、これと出会って変わりました!これはかなりオススメな商品だと思います。脇汗の悩みって打ち明けにくいですよね。だからこそ、口コミで広めてもらいたいです。

 

私の脇汗の悩みとその対策

私は現在脇汗に悩んでいます。夏場の暑い時期は勿論、春秋の比較的涼しい時期でも何故か脇汗が出てきてしまいます。後は緊張した時でしょうか。
脇汗が出てきてしまったどうしよう、人前で汗染みを見られるのが嫌だ、とか考えれば考える程暑くも無いのに脇汗が止まらなくなってしまいます。
コレのせいで私は一年中脇汗が目立たないような服を選ばなければならなくなり、ファッションを楽しむことも出来ません。グレーなどの汗の目立つ服を着ることがほぼ出来ないのは辛いです。
このままでは駄目だと考えた私は、最初は市販で売っている制汗スプレーなどを脇汗対策として使用してみました。色々な商品を使ってみたのですが、私にはあまり効果がありませんでした。

主に家から出かける前に制汗スプレーなどを使っていたのですが、家を出てすぐ脇汗の事を考え始めると脇汗がじんわりと出始めてしまいました。
次に私が試した対策は、塩化アルミニウム液を脇に塗るというものでした。何となく見たブログで話題になっていて気になり購入してみたのですが、これは私にとってはかなり効果がありました。

これを塗布して出かけている時はほぼ脇汗が出ませんでした。夏場でもこれを塗っている脇部分は汗がほぼ出なかったのはかなりすごいなと思いました。
塩化アルミニウム液のおかげで脇汗について悩む頻度が減ったので使用してよかったなと思います。

気になる脇のにおい。私の体験談

32

汗のにおいかなり気になりますよね。自分が気が付いてないだけでもしかして今、におってる?そんなことを気にしてしまい人間関係も上手くいかない。恋愛もファッションも心から楽しめない。私もそんな一人です。
私が気になり始めたのは小学校6年生の頃でした。部活動が終わって着替えているとき友達が「なんかくさい」と一言。そこから脇のにおいと戦う日々が始まりました。思春期になるとにおいはますます強くなり、高校生のころがピークだったように思います。当時かなりハードな運動をしており朝から練習で汗だく。

もちろんシャワーなど浴びることはなく授業、そしてまた練習としていました。1日中汗のにおいが気になり、私の知らないところで「くさい」と言われてないかという考えが付きまとい、くらい高校時代を過ごしました。

また、冬でも関係なく常に脇に汗をかいていて、色物の洋服や薄い素材の服は意識的に避けていましたので、1年中黒の服を着ていたようにす思います。脇汗の悩みがなければきっともっと楽しい青春時代を過ごせたはずだと、今でも思い出しては悔しい気持ちになります。
今まで様々なデオドラント製品を試してきました。市販の製品は試していないものがないくらい片っ端から試しましたし、ネットで口コミがよいものは取り寄せてみたりもしました。ですが残念なことに完璧ににおいがなくなる製品とはまだ出会えずにいます。

ですが年々脇汗との付き合い方も上手になってきているなと感じています。最近はほかの匂いでごまかすということはせず、においが気になったらすぐに着替えるということが1番楽で私には合っていると感じています。お出かけにもインナーを1枚バックに忍ばせています。

そうすると、気持ちも楽になりますし、何より自分も他人にも不快感を与えずに済みます。
脇のにおいも私の一部と言えるようになるかはわかりませんが、これからも上手に付き合っていく方法を探しながら過ごしていきたいと思います。

ワキガの人に聞きました。

ワキガ

私の古い男の友人で、かなり強めのワキガの人がいます。概況だけさっと説明しますとこの人、性格がずば抜けて明るく、周りからなにをいわれても元気いっぱいに笑顔で言い返すので、世に言ういじられ役の人でした。

そういった性格なので、周りにいる人も容赦なくにおいについて面白可笑しくつっこんでいたため、自分がワキガだということをこれでもかというほどに知っていました。
私自身彼とは親しい仲でしたので、二人きりになった時に色々聞いてみました。なにか対策をしているのかと聞いてみると、気が向いたら、朝鏡の前で、石鹸をこすりつけているとの事です。

 

ちなみに、それで午前中は効果があるとの事ですが、午後になるとあまり効果がみられない様です。やはり少し気にしているのだな、と思いました。
また、脇汗もかなりかくそうで、白い服をきてしまうと脇の部分が黄色く濁ってしまうとの事でした。また、灰色の服も脇汗が目立ってしまうので、だいたい黒か紺のTシャツを選んでいるとの事です。

ファッションにも気を使っている様を想像してみると、すこし哀愁の様なものを感じ、ワキガの人は大変だな、と思いました。
彼本人に聞いたところ、スーパーのアルバイトでくさいと苦情がきて、店長に風呂に入ってこい、と言われたこともあるようです。

ワキガは大変だと思いますが、元気に笑い話にしてしまう彼を見る度に、皆彼のように明るく頑張ってほしいと思うのでした。